ESGアナリストの転職

ESGアナリストの業務内容

ESGアナリストは、環境、社会、ガバナンス(ESG)要因に基づいて、企業や投資先のESG評価を行う専門家です。彼らは、企業がESGリスクを管理し、持続可能なビジネスモデルを実現するための戦略を策定することを支援します。ESGアナリストは、投資家が社会的および環境的なリスクを考慮した投資を行うことを促進するために、企業や投資先のESG評価を行います。

ESGアナリストの主な仕事は、企業のESGデータを収集し、分析することです。彼らは、企業の環境戦略、社会的責任、およびガバナンス実践を評価し、報告書やプレゼンテーションを作成することがあります。また、彼らは、ESG指数の作成や、企業のESGリスク管理や持続可能性戦略の開発を支援することもあります。

ESGアナリストになるには、まずは関連する知識を身につけることが重要です。これには、環境、社会、ガバナンスに関する法律や規制、企業の報告要件、およびESGデータの収集・分析方法についての知識が含まれます。また、金融市場や投資に関する基本的な知識も必要となります。

ESGアナリストには、投資銀行、投資ファンド、ESG評価会社、および持続可能性コンサルティング企業などでの経験が求められることがあります。関連するインターンシップやアルバイトを通じて、業界の経験を積んでいくことが大切です。

また、サステナビリティ・アカウンタビリティ・スタンダードズ・ボード(SASB)、チャータード・ファイナンシャル・アナリスト(CFA)、および独自のESG認証プログラムなどの資格を取得することで、スキルアップを図ることができます。

ESGアナリストへの転職

ESGアナリストになるには
ESGアナリストになるには、以下のようなステップを踏む必要があります。

ESGに関する知識を身につける: ESGには、環境、社会、ガバナンスに関する法律や規制、企業の報告要件、およびESGデータの収集・分析方法についての知識が必要です。関連する書籍やオンラインコース、セミナーやトレーニングを利用して、この分野について学びましょう。

ファイナンスの知識を身につける: ESGアナリストは、金融市場や投資に関する基本的な知識を持っている必要があります。これには、会計、資産評価、リスク管理、投資ポートフォリオの構築などが含まれます。

経験を積む: ESGアナリストの分野で働くためには、実務経験が必要です。投資銀行、投資ファンド、ESG評価会社、および持続可能性コンサルティング企業などでのインターンシップやアルバイトを通じて、業界の経験を積んでいきましょう。

資格を取得する: ESGアナリストに関する資格は、業界での信頼性を高めることができます。例えば、サステナビリティ・アカウンタビリティ・スタンダードズ・ボード(SASB)、チャータード・ファイナンシャル・アナリスト(CFA)、および独自のESG認証プログラムなどがあります。

キャリアを追求する: ESGアナリストのキャリアは、投資銀行、投資ファンド、ESG評価会社、および持続可能性コンサルティング企業などで追求することができます。自分に合ったキャリアを選び、スキルを磨くために継続的な学習と成長を行い、ESGアナリストとして活躍しましょう。

ESGアナリストの就職・転職先

ESGアナリストの採用企業には、以下のような金融機関やコンサルティング企業が挙げられます。

投資銀行:JPモルガン、ゴールドマン・サックス、シティグループなどの投資銀行は、ESGアナリストの採用に積極的です。彼らは、クライアントがESG指標を考慮した投資を行うことを支援するために、ESG評価を実施します。

投資ファンド:ブラックロック、バンガード、ステートストリート・グローバル・アドバイザーズなどの投資ファンドは、ESGアナリストの採用に関心があります。彼らは、ESG指標を重視した投資を行うファンドの開発と管理を行います。

ESG評価会社:MSCI、Sustainalytics、Vigeo EirisなどのESG評価会社は、ESGアナリストを採用して、企業や投資先のESG評価を行います。

社会的・環境的課題に取り組む非営利団体:WWF、グリーンピース、OXFAMなどの非営利団体は、社会的・環境的課題に取り組むために、ESGアナリストを採用しています。

これらの企業は、ESGアナリストに対して高いニーズがあるため、ESGに関する知識や経験を持つ人材にとって、魅力的なキャリアパスを提供しています。

ESGアナリストの年収

ESGアナリストの年収は、経験や地域、企業規模、業界などの要因によって異なりますが、一般的には以下のような範囲内になることが多いです。

初年度:30万円〜60万円程度
3年目:60万円〜100万円程度
5年目:100万円〜150万円程度
マネージャーレベル:150万円〜300万円程度
ディレクターレベル:300万円〜500万円程度
ただし、企業によっては、ESGアナリストの役割や責任が異なるため、年収も異なる場合があります。また、業界によっても年収が異なることがあります。一般的には、金融業界やコンサルティングファームなどのESGに注力する企業においては、高い年収が期待される傾向があります。

ESGアナリストのキャリア

ESGアナリストのキャリアは、以下のようなステップで進むことが多いです。

入社後、基礎的な研究・分析スキルを身につける
業界や企業のESG評価の基礎を学ぶ
プロジェクトチームに参加し、企業のESG評価を行う
結果を報告書やプレゼンテーションでまとめ、上司やクライアントに報告する
チームのマネジメントやプロジェクトのリードを行う
ESGアナリストとしての知見を深め、専門分野を持つ
ESGアナリストとしての経験や知見を活かし、企業や投資家向けのコンサルティング業務を行う
ESGアナリストとしてのリーダーシップを発揮し、業界のリーダーとなる
ESGアナリストは、企業や投資家がESGに対してますます注目する中で、需要が高まっており、キャリアアップの機会も増えています。業界をリードするグローバルなコンサルティングファームや金融機関、ESGに特化したリサーチ会社での活躍や、独立してESGコンサルタントとして活躍することも可能です。

Comments

Copied title and URL